単回で終了ということではなく、脱毛サロンで施術


単回で終了ということではなく、脱毛サロンで施術を受ける回数は、4回や6回、8回や12回などお手入れ箇所やコースによって色々とパターンがあります。
肌は施術を受けることで、ある程度のダメージを受けるため、すぐ次を行おうとすると断られてしまいます。
いうまでもなく、人それぞれですが、1年間通うのであれば、2ヶ月ごと計6回というコースが、なるべく肌に掛かる負担を軽減しつつ、効果も実感できるちょうどいいペースではないでしょうか。光脱毛はレーザーより光線の出力が低く、負荷の少ない方法ですが、なかには施術ができない人もいますので、予約当日までにコンディションを整えることもできますが、そうでないケースもありますし、注意した方がいいでしょう。
これは絶対断られるというものとしては、「ムダ毛を抜いてきた」方です。
とてもきれいに脱色されている場合もダメです。黒い部分がないと光脱毛の効果が得られないからです。それに、妊娠中の方もできません。技術的には影響がないのですが、施術の刺激で母体をストレスに晒すのを避けているためです。
また、光アレルギーの方が光脱毛を受けられないのは、当然といえば当然なのですが、普段から紫外線に極端に弱いと感じている方は、医師に相談してみましょう。
すでにダメージを受けている肌の場合も施術が受けられませんので、日焼けとか、同じ理由で、肌の状態が良くない場合も断られるケースがあります。現在通院されている方、持病のある方、いつも服用している薬のある方は、医師にあらかじめ相談するのも有効です。脱毛サロンでの脱毛プロセスに即効性を求めていると、少々失望する羽目になるかもしれません。なぜなら脱毛サロンで施術に使う機器は脱毛クリニックの機器よりも高い効果は出せないからで、効いてくるまでのスピードも劣ります。
どれだけ短い期間で脱毛を終えるかということを最重視する人は、脱毛サロンへ通うよりも脱毛クリニックに通うべきでしょう。
費用の方が高くなるかもしれませんが、施術を受ける回数は少なくなるでしょう。
いろいろな脱毛器がありますが、お風呂で使えるものもあります。湯船に浸かって毛穴が開いた頃に毛を抜けばそれほど痛みませんし、周辺に毛が飛び散ってもサッとシャワーで流すだけです。一部の脱毛器では電池の消耗時間が短くなる場合もあるので、繰り返し充電できる電池を使った方がいいでしょう。
脱毛サロンにより施術が実行できない場合もあります。
例えば生理中は施術できない可能性があります。
ホルモンバランスが崩れ、お肌が荒れることがあるため、肌トラブルが起こることを避けるためですを施術を生理中でも断らない店もございます。
ですが、肌を十分に思いやったアフターケアをしっかりケアしましょう。
当たり前のことですが、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。光脱毛を行ったその日には、お風呂に入れません。
もし、シャワーだけでも浴びたいという方はボディソープは不使用で、ややぬるい温度設定のお湯で汚れを落とす程度にしてください。
次に、デオドラントスプレーや薬の内服などは避けたほうが無難です。
そして、肌にやさしい保湿力の高いタイプの化粧品を塗布し、肌の乾燥を誘発しないようにします。
発汗したり、身体がぽかぽかするのは好ましくありません。
一般に、脱毛サロンに通っていれば、まれに予期せぬ事態になります。
例えば、肌がとても荒れたり、さほど、効果がなかったり、行きたい日がいっぱいで予約が取れなかったりすることです。
それらに気をつけるには、前もってよく調べておくといいかもしれません。
また、ご自身の判断だけで決めず、周りの方に聞いて判断することも重要です。

コメントを残す